結婚式場選びのポイント

一般的には結婚式は一生に一度の晴れ舞台ですので、結婚式場には拘りたいでしょう。結婚式場選びに役立つのが結婚式場選びサイトです。地域から探すのはもちろんの事、予算や式場の写真、料理や演出、利用者の口コミなど、様々な情報が掲載されています。各地のブライダルフェアの情報も掲載されている場合があるので、参加してみるのも良いでしょう。

スタイルに拘った式場選びも一般的です。一流ホテルやレストラン、リゾートでのウェディングであったり、和装、洋装の選択、アットホームであったりシックな雰囲気であったりペット可であったりと、拘りどころは盛り沢山です。

サービスの充実も重要でしょう。スライドショーや音楽、カラオケ、司会進行といった基本的なものから、ゴンドラの様な大掛かりなもの、スペシャルゲスト等のサプライズ演出希望の条件を満たした結婚式場はきっとあります。サイト内の検索機能をフル活用して、思い出に残る結婚式を挙げましょう。

結婚式の会場選びは楽しく

一生に1度となる結婚式に会場を選ぶというのはたいへんですが 、小さなころからのお嫁さんの夢がかなうので大変楽しいものです。是非、たくさんの会場を回って体験したうえで会場を決定してほしいと思います。会場によって全く雰囲気が違いますし、できることも違ってきます。

アクセスも地図でみるのと実際に自分の足で歩いてみるのでは違いがあります。また、ブライダルフェアによっては格安で実際に出されるコース料理を体験できたり、ウェディングドレスで写真を撮るサービスが付いていたりと、なかなかそのときでないと体験することができない特権がたくさんついてきます。

また、件近式場の担当者は絶対に重要な人物になりますので、ついてくれた担当者があまり自分に合わないとおもったら、別の担当者にしてもらうか、縁がなかったと思って別の会場で結婚式をすることをおススメします。担当者と合わないままうと合わせを続けていくことは大変苦痛になってきます。

結婚式でやりたいことと必要なお金の算出方法

結婚が決まった二人がまず考えるのが結婚式についてです。しかし、これから新生活をはじめる二人にとってはその費用が何よりもネックと感じるでしょう。そして、結婚式にかかる費用を考えた時、会場への支払いがそのほとんどを占めます。

まずは、二人の貯金や両親の援助から、全体の予算を決めておきましょう。会場への支払いにすべての予算を使ってしまっては、その他に必要となる費用が出せなくなってしまう恐れがあります。会場への支払い以外で必要なお金といえば、花嫁のブライダルエステやネイル等のビューティ関連と、遠方ゲストへのお車代や宿泊費、手作りグッズをつくる場合はその費用も必要となります。なので、やりたいこととやらなくても良いことを先に考えておく必要があります。

もちろん、ご祝儀制の場合は成人で平均3万円あると言われていますので、ご祝儀でまかなえる部分もあるでしょう。しかし、そこは捕らぬ狸の皮算用となる場合があるので、注意が必要です。できるだけ手持ちの資金で賄える範囲で考えておくと安心です。

参考:https://allabout.co.jp/marriage/

結婚式の挙式のスタイルと式の進行について

現在一般的に行われている結婚式の挙式のスタイルは、キリスト教式、神前式、人前式の3つが主流です。以下、それぞれの挙式のスタイル及び式の進行について説明します。キリスト教式は、キリスト教の精神に基づき教会やチャペルで神に愛を誓うスタイルです。

一般的には、新婦はウェデイングドレス、新郎は、新婦の服装に合わせてモーニングやテールコートを着用します。式の進行は、参列者入場、新郎入場、新婦入場、賛美歌斉唱、聖書の朗読及び祈祷と式辞、誓約、指輪の交換、結婚の宣言、賛美歌斉唱、そして新郎新婦退場という順序になります。神前式は神道に基づき神社の神殿で先祖の神に結婚を誓うスタイルです。

一般的に新婦は白無垢、新郎は紋付の羽織袴を着用します。式の進行は、入場、修跋(しゅばつ)の儀、祝詞奏上、三献の儀、誓詞奏上、玉串奉奠、指輪の交換、親族杯の儀、退場という順序になります。人前式は別名をシビルウェデイングともいいます。宗教にこだわらず、参列してくれた親族や友人を証人として結婚を祝うスタイルです。会場や服装には特に決まりはありません。

式の進行として、一例を紹介します。新郎新婦入場、開式の宣言、新郎新婦紹介、誓いの言葉の朗読、婚姻届に署名、指輪の交換、乾杯、閉会の挨拶となります。いずれのスタイルを選択するかは宗教にも関わるものですので、お互いの両親に相談して納得したうえで決めることが大事です。

結婚式の具体的な段取りと招待客への心使い

婚約指輪をもらってプロポーズを受けたら、結婚式です。入籍、諸手続、新生活の準備が済んでから具体的に進めます。最初は招待するお客様の選定で、新郎新婦の家族と親族、友人、仕事関係者が主な招待客です。原則的には新郎新婦が家族、友人などの招待分類からどの括りの人を招くか決めた後で結婚式の段取りを始めます。

招待客が決まったら式場選びで夫婦の貯金や両親の出資、御祝儀の計算をして身の丈に合う式場を決めます。式場の具体的な種類は夫婦の趣向や式場側のサービス内容を考えて最終的に好みで決めます。それに合わせ当日の衣装も調整を済ませます。その後招待客リストから招待状を時間の余裕を見て郵送します。それと同時に当日の食事メニューの選定や結婚式の進行内容をスタッフと打ち合わせておきます。

当日は招待客が集まったら新郎新婦が挨拶や食事、セレモニーでお祝いと感謝の気持ちを伝えます。招待客側も新しい夫婦の出発を祝ってスピーチなどで会場を楽しませます。招待客は忙しい合間をぬっての参加だから新郎新婦はていねいにもてなす結婚式にする気使いが必要です。

参考リンク:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=結婚式準備