結婚披露宴は縁を結ぶ夫婦初めての共同作業です

結婚は、家と家の結びつきです。結婚披露宴は、夫婦となる二人がこれまでどういう人生を歩み、どんな個性の持ち主なのか、これからどんな家庭を築いていくのかを親族や来賓にお披露目するインフォメーションの場です。人を見る目が肥えていて感覚に長けている人は、両親や媒酌人・親族や賓客などを一目見て新郎新婦の人となりを見極めることができるでしょう。

両家の縁を結ぶという意味では、子々孫々受け継がれてきた血を来世に繋いでいく大切な場ですから、出会いを真摯に受け止めて祝福し、絆を深める宴にしたいものです。最近は身内だけで媒酌人を取らず披露宴を行うケースも多く見られますが、夫婦となる二人が、これから宜しくお願いしますというメッセージを伝えたい人に込めたお披露目式でもありますので、あえて媒酌人を立てる必要はありません

まずは来賓の方々が馴染めるように緊張の糸を解きほぐし、退屈させず来て良かったと好印象を残せるような、笑顔に溢れた宴の演出をすることに尽きます。ただ費用をかければ良い訳でもなく、また引き出物とご祝儀のバランも考慮した上で、主役である新郎新婦が互いに知恵を出し合って最高のもてなしをする為の共同作業と捉えると、単に儀式的なものではなく真の意味での参加型披露宴ができますし、実りの多いご縁ができるのではないでしょうか。

多くの結婚につきものの披露宴を成功させる会場とは

女性ならば誰もが憧れる結婚式ですが、結婚するにあたって披露宴をするカップルが多くいます。挙式だけのカップルもいますが、やはり結婚を親戚や友人に公表し、お祝いをしてもらう場があれば今後の二人の生活の楽しい思い出になるでしょう。

その披露宴で最も重要となるのが、その会場の選択です。披露宴は、やる気になれば日本国内にとどまらず海外でも催すことが可能です。しかし、一番オーソドックスなのは新郎新婦どちらかの実家のある場所か、ゲストの集まりやすい場所です。せっかく披露宴をするのですから、ゲストが集まりにくい場所でしてもあまり開催の意味がありません。 また、その会場の種類もとても大切です。

ホテル、ゲストハウス、レストラン等たくさんの選択肢の中から自分たちの希望に合い、尚且つゲストの顔ぶれに合った会場を選択することがポイントです。友人メインのゲストならばカジュアルなレストランウエディングもいいですが、会社の上司を多く招待した場合はホテルのように重厚感のある場所の方が適しているかもしれません。

披露宴を素晴らしい思い出とするため、ゲストのこともしっかりと考慮に入れて良い選択をしたいものです。

披露宴は謙虚さが必要な結婚報告のパーティ

披露宴は、結婚のお披露目をするパーティです。主役である新郎新婦による演出で、招待客をもてなします。披露宴の本来の意味とは、新郎新婦自身が楽しむというよりは招待客をいかに喜ばせ楽しませるかなのです。

自身の要望を入れるなとは言いませんが、招待客に合わせた気遣いが必要になります。具体的に言うなら、お料理のメニューを年配の方に合わせた和食にするか、もしくは洋食でもお箸を用意して頂くなどの配慮が必要なのです。最近では、魚料理か肉料理か選べるようにしている場合もあり、アレルギーのある方にも優しいメニューが好まれます。ケーキサーブも、足の悪い年配の方が取りに来る手間を省く為、ワゴンで運ぶなどさり気ない演出もあるといいでしょう。

そして余興は、立ったりする必要のない落ち着きのあるゲーム等が望ましいのです。主役だからと言って、自身の我儘放題の披露宴ではあまりいい印象を与えません。祝って頂く席であるという、謙虚な気持ちが大事です。

参考:https://www.mwed.jp/manuals/366/

結婚式は二人のものだけれど、招待客のものでもある披露宴

結婚式は花嫁が主役、よくそういわれますよね。たしかに見事なレースにシルクやサテンのドレス、あるいは伝統を重んじた打掛に綿帽子、そのあとのお色直し、どの時間も花嫁が一番光り輝くひとときです。もしかしたら花婿は引き立て役かしら。…そうかもしれません。

さて、花嫁としては、いつどういうところで挙式するのか、披露宴の会場はホテルか式場かレストランまそれとも何を着るのか、どういうお料理を出すのか、どなたを招待するのか、引き出物は何にするのか、とあれこれ希望したいこと、夢見ていることは山盛りですね。両家の考え方の違いをうまく調整しつつ、「出席して本当に良かった」と友人や同僚に祝福される式を敢行できれば最高です。

しかし、もう花嫁の伯母さんくらいの年齢になり、自らもたくさんの結婚式に出席した経験のあるこのわたしには、花嫁さんに一つだけ心がけておいてほしいことがあるのです。それはお式も披露宴もあなたがたお二人だけではないということです。とくに、目上の方、お年を召している方、持病のある方、遠地から駆けつけえてくれる方がいるということを絶対に忘れないでくださいね。

その方たちは生活上の何かをやりくりしてあなた方のために時間を割いてくださるわけです。そういう方々が宿泊、休憩、着替え、交通機関の時間待ちなどを楽にできる場所、それらを結婚式場選び、会場選びの第一条件にしてくださいね。

挙式、披露宴の予定が決まったらブライダルエステへいこう

女性が人生の中で一番輝くときといえば結婚式です。この結婚式を最高の自分で迎えるために花嫁さんは一層美しくなるための努力をします。そのお手伝いをするのがブライダルエステです。

ブライダルエステメニューにはさまざまなものがあり、お式直前のフェイスやデコルテ、背中などのシェービングプランや花婿さんと一緒にエステが受けられるカップルプラン、授かり婚の花嫁さんOKのマタニティプランなどそれぞれの用途に合わせたプランが用意されています

結婚式の準備にはかなりの労力が必要になりますので、早い段階でブライダルエステの予約を入れておくことで、日々の疲れを癒しながら結婚式準備を行うことができます。仕事をしながら結婚式準備を行う場合には普段以上にストレスを受けやすいものです。ストレスはお肌や髪に大きな影響を受けますので、一生に一度の晴れの舞台を素敵な自分で迎えるために早いうちからブライダルエステを受けておきましょう。

参考:https://www.socie.jp/bridal/