選ぶ前にどんなスタイルで挙式したいか考えましょう

結婚式には様々なスタイルがあります。神前式、教会式、人前式、仏前式などがありますが最近出席した結婚式を思い返すと、教会式と人前式が多いように感じます。それぞれ特徴があり、神前式は昔からの日本の伝統的な結婚式で、とても厳かな雰囲気のなかすすめられ、私自身の結婚式も神前式でしたが身の引き締まる思いがしました。

教会式の良いところは、神前式ですと親戚やごく親しい人だけが参列する場合が多いですが、友人知人も比較的自由に参列することができ多くの人に祝ってもらえることです。人前式は特に決まりはないので自分達の思うような式を作り上げることができるのと、参列者全員が結婚の証人となり思い出深いものとなるでしょう。仏前式はあまりなじみがないかもしれませんが、こちらも昔から日本で行われているスタイルです。

お寺や自宅の仏壇の前で行われ、ご先祖様と仏様に報告するという形です。それぞれ特徴があり、式場によっては神前のみや教会式のみというところもありますので、自分はどういった結婚式にしたいのかということを決めてから式場を選ぶとスムーズです。

結婚する二人の好みに合った結婚式ができる時代になった

結婚式といえば人生における一大イベントであり、夫婦で行う初めての共同作業です。結婚する当事者カップルにとっても親兄弟、親せき、友人や会社の同僚などにとっても思い出深い大事なイベントです。そんな大事なイベントで後々の大切な思い出にもなるものなので、結婚式の形式がここ数年でいい意味でだいぶ変わってきました。

バブル期はだいぶ紋切り型の形式ばった業者都合の内容だったものが、最近では細かい部分まで結婚する二人の希望や要望に応えてくれるようになってきたので、二人だからこその個性を取り入れた結婚式ができるようになりました。神道形式であったり教会であったりハウスウェディングなど様々なスタイルを気軽に選べます。結婚式後の披露宴や二次会までトータルでいえば100人100様の思い出深い結婚式があげられるようになりました。

しかも低コストで実現できるのです。情報誌や情報サイト、相談窓口と情報や相談できるところがあふれているので、予算をある程度決めてどんな風にしたいかをある程度想像しておけばきっと最高の一日が実現できるはずです。

結婚式や披露宴の会場や専門の業者の選択の重要性

とても苦労して結婚までに行き着いた人は多いと思いますが、その集大成で最高の儀式である結婚式は、その人にとっては、とても重要な人生の晴れ舞台でしょう。その緊張と喜びからその後の披露宴は、豪華なものも多いようです。

少し結婚式での緊張感から開放されて、いろいろな人々のお祝いの言葉などやその場を和ませる友人たちの笑いの芸なども楽しいものです。また参加してくださった人たちにひとりひとりお礼を言いながらまわるのもとても厳かで場の和む風習でしょう。

それに加えて、披露宴をリードする司会者や、結婚式場やホテルの担当の方々も、当人たちが幸せになるようにと大変気を使っています。ミスなど起こそうものならば、縁起が悪いということもありますが、それ以前に一生に一度の晴れ舞台を台無しにすることになり、一生心残りとなることだと思います。そのようなことからも結婚式場や披露宴の会場や業者の選択は、よく評判を聞きながら間違いのないところを選ばねばならないでしょう。

費用が充分用意出来なくても格安結婚式で素敵な式を挙げることが出来ます

結婚式を挙げるとなると気になるのが費用面です。それなりの結婚式をしようとすると数百万円の費用が掛かることも普通です。なかなかその費用を工面出来ない場合も少なからずあるでしょう。ですが、やはり新しい門出の儀式として結婚式を挙げたいと思うのも正直な気持ちですよね。そこで格安結婚式を挙げるのはどうでしょうか。

少人数で派手なことはなくして必要最低限のことだけ取り入れて行なうと費用をぐんと抑えた格安結婚式になります。その分自分達で手作り出来ることをしたり、自分達で調達できるものは自身で用意したりすればよいのです。その方が却って手作り感のある温かい式になるのではないでしょうか。例えばウェルカムボードや料理のメニュー表を手作りするのもよいですね。

またお菓子作りが得意ならウェディングケーキ作りに挑戦してみるのも素敵です。ブーケや衣装のチョーカーなどを手作りしてみるのはどうでしょう。自分好みのものに仕上げることが出来るメリットもあるでしょう。そしてそんな結婚式は費用を抑えることだけでなく後々にとても心に残る式にもなりそうです。あらゆる面の工夫次第で格安結婚式を挙げることは可能です。そんなひと手間掛けた格安結婚式を挙げるのもとても素敵だと言えるのではないでしょうか。

参考:https://www.weddingpark.net/osusume/kakuyasu/

格安結婚式で費用を60万円に抑えました

私たちは格安結婚式で済ませました。理由は単純にお金がなかったから、もったいなかったからです。最初は、結婚式自体あげるつもりはありませんでした。ただ、周りの結婚していた友人たちに聞くと、「結婚式は形だけでも挙げといたほうがいい」という意見があまりにも多かったのです。

そのほうが、自分の親族にも、嫁さんの親族にも、一応示しはつけることができる。また、嫁さんに後々「結婚式挙げたかった」などの愚痴を言われないためにも、挙げておくべきかなと思うようになりました。やはり、口では「お金がもったいないから、やらなくていい」と言っていた嫁さんも、やると決まったらとても嬉しそうでした。

しかし、金がないことには変わらないので格安結婚式です。友人は呼ぶ線引きも難しいので、近い親族だけで30人程度でやりました。一番安い40万のコースに必要最低限のものだけつけて60万未満で抑えました。披露宴は食事会のようなもの、ビデオとかも撮りませんでした。でも、写真は自由に撮れたし、両家の親睦も深める形になり、とっても満足してます。

参考:https://www.rakukon.com/