素敵な結婚式場で、理想の結婚式を挙げよう

結婚が決まった瞬間は、とても嬉しいですよね。と同時に、嬉しさにうかれながら、結婚式の準備を始めなければいけません。特に、結婚式場選びには大変な労力を費やすのではないでしょうか。一生に一度の結婚式だから、素敵な雰囲気の会場で挙げたいですもんね。

海が見える式場、リゾート気分に浸れる式場と、最近ではとてもお洒落な結婚式場もあり、あなたの欲求に応えてくれるでしょう。しかし、結婚式が行われたとき、実際にはどんな雰囲気になるのかなかなか分からないと思います。そんなときは、ブライダルフェアが開催されているので、参加してみましょう。本番さながらのテーブルセッティングがされており、誰かの結婚式に招かれた気分になるでしょう。また、模擬結婚式にも参加できるので、どんな挙式になるのかも体験できます。

ご自分が理想としている結婚式を挙げることができる式場は、きっとあるはずです。スタッフさんともたくさんお話して、自分らしい結婚式を挙げてくださいね。

参考:https://www.weddingpark.net/fair/search/?fair_type%5B0%5D=1

憧れの結婚式を挙げるために必要な費用と収集方法

晩婚化や独身が増えていると言われている近年ですが、年中いつでもどこでも結婚して夫婦となる人は大勢います。結婚が決まったカップルがまず考えるのが結婚式についてで、一生に一度の晴れ舞台と考えると、妥協する人は少ないでしょう。では、憧れの結婚式を挙げるために必要な金額とはおよそどのくらいで、どのようにして費用を集めれば良いのでしょうか。

元々それなりに貯金をしている人も多いですが、もちろん、逆に貯金のほとんどない人もいます。実は、7割以上の人が結婚費用として親からの援助があったと言われており、逆に言うと自分たちだけのお金で挙げた人は3割程度ということになります。ただ、援助額は1万円でも援助額と言うので、それは各々の過程でかなり差が出ます。最初から期待しないようにしましょう。

また、最近では結納をしないカップルが多いため、従来新郎側から渡されていた結納金を新郎の家側から結婚式の資金に少し上乗せされて出される場合もあるようです。 ご祝儀制をとる場合はゲストから2~3万円はもらえるという事ですが、ご祝儀を当てにするのは危険です。なぜなら、結婚費用のなかには本番前に支払いを済ませるものがたくさんあるので、そのスケジュール感も確認しておくと良いでしょう。更に、予想外にご祝儀が集まらない場合もあるので、注意が必要です。

参考:https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/wedding-cost/budget/08/

最近の結婚式事情、格安結婚式がオススメです

最近よくスマコンなど格安結婚式のテレビCMなどを目にして、昔のように結婚式にお金をかける人が少なくなってきたのかなと感じます。私自身、結婚式にはあまりお金をかけなかったので、その気持ちもよくわかります。授かり婚などで、なかなか結婚式を挙げられないカップルも増えている中、形だけでも結婚式を挙げたい気持ちもよくわかります。

ただ、格安結婚式と言ってもそんなに安っぽい式にしない方法も今はたくさんあります。時期や衣装、式場をどうするかなどで変わるだけです。時期は高い時期を避ける、衣装はレンタルするより通販で購入を検討してみる、式場は駅近より少し離れた場所で選びバス送迎をしてもらうなど、やり方はいろいろです。結婚式は一生に一度の大イベントなので、譲れるところと譲れないところでしっかり二人で考えることが一番大事かと思います。

結婚式は、挙げることに意味があります。たくさんのことを考えて工夫して行う結婚式は格安結婚式だとしてもとてもいい式、思い出になります。工夫することを楽しめるといいのではないかと思います。

海外で格安結婚式を挙げる時に気をつけたい事

新婚旅行を兼ねて海外の教会で結婚式を挙げたいと計画するカップルがいます。西洋文化に憧れをもち、キリスト教の教会で式を挙げたいと夢見る女性側の希望でしょう。しかし、クリスチャンで無い限り、それは100%無理でしょう。

旅行会社が用意している海外挙式プランの教会は、観光的な目的で経営している宗教とは関係ない私的なところです。例えば、ヨーロッパのお城に備わっているプライベートな御祈りの場を、営業目的で利用させてもらっているというケースなどです。その点は納得して、海外に出発しましょう。 挙式に必要なウエディング衣裳は、現地でレンタルすることになります。短時間で選ばなければならないし、日本で行うようなきめ細かいヘアーメイクなどは期待できないケースもあるでしょう。

プライベートな教会で立ち会ってくださるのは、牧師さんではなく、お城の関係者です。言葉の問題が有って、とまどっているうちに式が進み、気がついたらデジカメを渡しそびれていたという事が無いように気配りしましょう。何しろ格安結婚式には立ち会う人が無い場合が殆どですから、写真を撮りはぐれてしまいがちです。

また、格安結婚式だと思っていたら、法外な金額だったとい事にならないように、細かな明細を明確にしてもらう事もお忘れなく。式自体に必要な金額は、わずかなものですから。

参考:https://zexy.net/abroad/

フォトウエディングという格安結婚式の選択

今ではすっかりお馴染みの格安結婚式ですが、実はどのように調べたらいいのか、実際に費用はどのくらいかかるのかといった疑問は多くあるのも事実です。格安結婚式を取り扱っているインターネットサイトで調べるのも良いですが、自分でキーワードを入力するだけで実はかなりの情報が目に入ります。

中でも私が気になったのはフォトウエディングです。ゲストは両親や兄弟などの近しい親族のみ、もしくはゲストはなしで新郎新婦のみで行う場合が多いようです。普通はフォトウエディングと聞けば挙式披露宴前の前撮りなのかと思いますが、最近では写真とともにスタジオが契約しているチャペルで挙式を挙げることが可能なスタジオも多く存在します。

スタジオで撮影するだけでなく、ロケで撮影もして、しかも挙式まで挙げられるのに、実際に挙式披露宴をして写真を残すのと比べるとかなり格安で済むのが特徴です。また、衣装もその場で好きなものを選んでレンタルできるのもメリットといえます。